年間光熱費12万円以下! 超省エネ住宅をつくる 大阪住吉区・日本プランニング1級建築士事務所のサイト お問い合わせは左記の住宅建築家ホームページへ 建築設計事務所・住宅建築家「中村一幸」・住宅設計・家・住宅建築

2017/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


20070313読売新聞記事

2007年03月13日 読売新聞にNPO法人「住まいの情報コミュニティーCMA」の記事

以下全文
マイホーム、これなら安心 建築主が工事管理
欠陥住宅や耐震偽装などで住宅建築に対する不信感が広まっているなか、CM(コンストラクション・マネジメント)という手法が注目されている。建築主(消費者)が専門家の力を借りながら、建築工事全般を管理するもので、納得できる品質を確保し、コストの透明化を図るのが狙いだ。建築士らがNPO法人を設立して、普及を進めている。

◆NPO法人を設立
NPO法人「住まいの情報コミュニティーCMA」だ。日本プランニング1級建築士事務所(大阪市)の中村一幸さんらが中心となり、約100人で設立した。

注文住宅を建てる時は、ハウスメーカーや工務店と一括契約を結ぶのが一般的だ。注文を受けた工務店は、自らの管理で基礎や外壁、内装などを下請けに出したりして仕上げる。

「この方法だと、下請けや外注に出された工事のコストや品質が消費者からは見えにくくなる」と中村さんは指摘する。さらに過大な経費削減を求めると、しわ寄せは下請け業者にいき、手抜き工事につながりかねない。

◆契約は自己責任
一方、CMという手法は、消費者が主体になる。建築士との間で設計とCMの委託契約を結び、それぞれ必要な工事を発注し、契約は自分の責任で行う。一括契約との違いから分離、分担発注とも言われている。CM契約を結んだ建築士はCMr(コンストラクション・マネジャー)と呼ばれ、消費者の側に立ち、専門家の立場から業者選定し、発注のアドバイスや管理などを行う。

◆コスト20%安く
滋賀県甲賀市の自営業の男性(44)は今、自宅を新築中だ。「納得する住宅がほしい」と図書館などで勉強しているうちに、CMの手法を知った。インターネットで、CMの実績のある建築士を探し、昨年3月、同県東近江市の「テクノワーク一級建築士事務所」の鋒山(ほこやま)己之助さんに出会った。

半年以上かけて設計のデザインから材料まで繰り返し検討、使用する木材も産地まで見に行った。外壁の塗装も自分たちで行い、子ども部屋の壁も子どもたちが塗る。ダイニングに置くテーブルは妻の実家の木を使った。

「CMは時間もかかり自己責任も求められてしんどいけれど、自分で納得しながら家づくりを進めることができる」と男性は言う。家族で家づくりに参加でき、コスト面でも満足しており、今月中の入居を楽しみにしている。

鋒山さんは「今回は、10から15の業者にそれぞれ分離発注した。時間はかかるが本当に望んだ家が得られ、しかも、コストも20%ほど安くなった」と話す。

◇日本では20年や30年で建て替えられる住宅が多いが、CMでこだわりの住宅を建てれば、長く使えるようにもなり、環境にもやさしい。

中村さんらのNPO法人では今後、学習会などを通じて、CMの手法を広く知ってもらいたいとしている。問い合わせは、事務局(06・6608・8343)へ。

(2007年03月13日 読売新聞(森川明義))


ちちんぷいぷい撮影
毎日放送「ちちんぷいぷい」「浅越ゴエ不動産 奥さん ええ家ですやん」 のコーナー。
都心で家族だけの庭をつくった、屋上緑化の住まいが11月14日火曜日に紹介されます。

狭小敷地で間口の狭い、うなぎの寝床の敷地に、プライバシーを守りながらいやされる庭をCM・アーキテクツLLP方式でつくった家族の話です。

コンセプトの一つに、建築家とつくる無駄を省いた究極のコストダウンシステムを採用いたしました。そして工務店との比較見積もりでは900万円の差がでました。

取材の当日は浅越ゴエさんを含め、総勢5人のスタッフ方で、朝から大阪住吉区の家・京都の家の2現場の取材をされたそうです。

嬉しい楽しいびっくり
建築主の、まさか関西で超メジャーな番組に出れるとはが印象的でした。それにしても流暢なしゃべりでした。
建築主がこの辺の建築日誌を圧巻の超大作家づくりブログにされています、ぜひ住宅建築家とつくる家づくり、住まいづくりの参考になさってください。

※「ちちんぷいぷい」
毎日放送が月曜から金曜までの毎日午後2時から6時までお送りする情報エンターテイメント番組「ちちんぷいぷい」
『ちちんぷいぷい』という番組タイトルは角淳一自身が考えたものであり、「これ以外では3時間の生放送はやらない」
と言ったようである。理由としては、角自身が、主婦層向けの情報番組を担当することに不安があり、
「ちちんぷいぷいとおまじないをかけないとやってられない」という意味も込められている

※浅越ゴエさん浅越 ゴエ(あさごえ ゴエ、本名:浅越 浩志(-ひろし)、1973年12月20日 - )は、日本のコメディアン、漫談家、ピン芸人。
お笑いユニット「ザ・プラン9」のメンバーの1人でもある

日本プランニング1級建築士事務所
CM・アーキテクツ有限責任事業組合


建築家中村一幸・佐野隆司
(写真は、左が筆者の中村、右が佐野隆司さん)

建築家カタログ2006-2007掲載建築家による、住まいの無料相談会が大阪本店のジュンク堂書店でありました。
当日は、素敵な若いご夫婦をはじめ、たくさんの方が相談にこられました。

嬉しい嬉しい
若いご夫婦の家を建てるなら“建築家に設計を頼みます”がうれしい、印象的な言葉でした。
又写真右隣の建築家佐野隆司さんが、9月26日毎日放送“ちちんぷいぷい”に終の住まいで出演されるそうです、ぜひ御覧ください。

建築家中村のホームページ
CMアーキテクツのホームページはこちら



昭和32年頃、はじめてテレビを見た日

見る見る
大阪市立住まいのミュージアムで思い出の中の道具たち、夏休み企画、親子のための展示会が開催されています。

想い出に残る懐かしい道具も、どうやら今の子供たちにとっては、それらの道具が何に使われたのか、わからなくなっているみたいです。

展示コーナーの一角に、家庭に白黒テレビがはじめてつく日の風景があります。子供たちはテレビがつくのを今か今かと、正座して待っています。

おじいちゃんのひざの上に座っている孫の姿、ほほえましい情景ですネ。
家の中は、いたってシンプルで、物があふれ収納に四苦八苦している現代とはかなりちがいますね。

見る見る
住まいの建築家中村一幸のホームページ


屋上緑化

おてんき おてんき
照り返しのきついこの時期の、うだるような熱さ たらーっ たらーっ

都市部のヒートアイランド現象は、人工衛星から見ると燃えるような光景に見えます。無機質な人工物で覆われた屋根や壁は太陽の輻射熱を吸収し、都会ならではの燃えるような熱さを感じます。

毎日放送、ボイスで植物によるヒートアイランド・灼熱対策をしていましたが、屋上緑化をすることで、目にも涼しく、建物の遮熱対策にもなります。

大阪市では、この屋上緑化に対して助成制度を設けています

家格のわかる家づくり1
家格のわかる家づくり2
家づくりはじめの第一歩
住まいの情報ひろば
住吉の家、縁尋奇妙、日々日々更新建築主ブログ
住宅性能表示制度を知ろう
忘れられた“ものづくり魂”
最低限の法を守れば安全か?住宅の性能評価表示制度


住宅ローン等の専門化、ファイナンシャルプランナーって知っていますか?

セミナー風景

ようこそ住宅建築家中村一幸のブログへ

あめあめ

「今月、ゼロ金利が解除され住宅ローン金利が、上昇のきざしを見せています。
銀行の住宅金融商品は、いろいろのものが提供され、益々利用者には判断しにくいものになってきました。

本来銀行は、お金を貸すことによって利益を出す株式会社です。

単純な金利だけの貸し出し競争であると、長期で固定型の金利が低いものが利用者にとって最適である事は、簡単に判断できます。

そこで、いろいろの条件をつけた金融商品を提供し、わかりにくくしていることが容易に想像できます。」

と話されるのは、FP.フォーレスト事務所ファイナンシャルプランナーの伊藤さん。

伊藤さんイワク、住宅ローンはライフプランを基に、キャッシュフロー等を実際にシュミレーションすると、1千万円以上の差が簡単に出てくる事があります。との事でした。(びっくりびっくりびっくり)

ファイナンスの考えは、ハウスメーカー、建売住宅、大きなビルダーにはありますが、これらはたいてい銀行の立場と同じように、売る側にとって都合のよい情報であることに、変わりはありません。

建築家中村一幸は、建築主にとっての偏りのない情報提供をモットーに
「住まいの情報講座」をイナックス大坂ショールーム1階会議室で開催しています。8月25日(金曜日)PM1時〜3時で参加無料です。

第二回目は
◎新しい、建築方法CMって知っていますか(2)
◎失敗しないための住宅資金計画--実践編

です。ぜひ参加下さい。問合せ先は下記のところへ

メール BZT03614@nifty.ne.jp
電話  06-6606-5724です。

住まいの情報講座は、NPO法人をめざして、活動しているグループです。


家格のわかる家づくり1
家格のわかる家づくり2
家づくりはじめの第一歩
住まいの情報ひろば
住吉の家、縁尋奇妙、日々日々更新建築主ブログ
住宅性能表示制度を知ろう
忘れられた“ものづくり魂”
最低限の法を守れば安全か?住宅の性能評価表示制度


ようこそ住宅建築家中村一幸のブログへ
日本建築家協会JIAのオープンデスク研修生がきました

中央実務専門学校建築設計学科2年生、学校では課題が毎週山のように出るそうです。
研修期間は2週間です。現場観察と模型作成が主な研修項目です。

オープンデスク
模型は奈良高畑の住まい
ひたすらに模型制作に傾注する若き建築家のたまご、でもまなざしは遥か遠くの志に。
情熱がある若者に出会えたことに感謝。

オープンデスク



家格のわかる家づくり1
家格のわかる家づくり2
家づくりはじめの第一歩
住まいの情報ひろば
住吉の家、縁尋奇妙、日々日々更新建築主ブログ



夕立

あめ あめ
都会の中の梅雨の風景、突然の夕立に見舞われて全身びしょぬれになりました。私以外にも、このような経験をされた方はいらっしゃるのではないでしょうか。

機能一辺倒、のっぺらぼうの冷たいビルの表情の中に、少しだけ人に思いやりのある雨宿りのスペースがあれば・・・・・・・。

もっと街は豊かになれるのにと、外出先の大阪市内のビジネス街でふと思いました。

小雨 小雨
梅雨のシーズンは「かさ」をお忘れなく!

探検隊!


忘れてはいけない、“ものづくりの魂
風光る住まいを求めて
日々日々、ポジティブシンキング
日々更新施主ブログ
家格のわかる家づくり、大阪工事現場建築中ブログ
家格のわかる家づくり、奈良工事現場建築中ブログ


京都聖護院の住まい

誰にも似せない、何も真似ない、あらゆるモノ、コトがあふれる中で、
オリジナルであるということ、無垢(本物)であること
真正直につくりつづけること、そこにたった一つの輝きがある

家格のわかる家づくりは、シンプルモダン

都会の喧騒の中や、都会の宿命でもある狭小敷地での「住宅の建て替えや新築」はかなり難しいものがあります。
まして、京都市内の狭小敷地、両隣に家があると基礎の段階で土を掘るとき、両隣の家に影響が出ないようにする必要があります。
周辺の家々の距離が近いためにプライバシーの面でも工夫がいります。
しかし、プライバシーを重視しすぎると今度は風や光が家には入らなくなります。
風と光の入る家、春の季語「風光る」のように、春の明るい日差しの中でそよ吹く風を感じられるような家を提案し、そこに住まれる方とともに作り上げていくことを大切にしました。
もちろん耐震性などの安心や安全な家づくりということが土台にあり、その上で都会での家作りに必要なことやバランスを考えた工夫を、ここ京都市聖護院西町の「風光る住まい」では考えました。


家格の見える家づくり


何もなくてもさまになる和の空間と、対照的なきらびやかなインテリアが決め手の洋の空間、
二つの極端な和洋の空間をを融合したものが、
シンプル(単純で)モダン(現代的な)空間の発想の原点。

家具を置く前のなにもない空間
家具なし
点数を抑えた家具を置いた後の空間、観葉植物はワンポイントアイで
家具あり

床は赤松の厚さ35ミリの無垢フローリング、壁、天井は珪藻土クロス
巾木(壁と床の交差する部分の保護材)は掘り込みのアルミアングルづくり

建物はつくりこみ過ぎない、照明はなるべく隠し、観葉植物をワンポイントアイで置き、インテリは過度にきらびやかにならない物にするとすっきりとして、質の高い空間が誕生します。


家格のわかる家づくり
生命を守る家づくり
家を建てる、はじめの第一歩
住まいの情報ひろば